アパッチ、MariaDB、PHPのスタンドアロンインストール

  早年使用AppServ架的網站遭入侵,一直查不出原因,アパッチを更新したいです、PHP、MySQLバージョンが、Joomlaのキットの互換性に制限されてはすることはできません,之後又要遇到需要另外新增一個網站的需求,本打算改使用XAMPP,但在閱讀XAMPP官方文件時,赫然看到官方並不建議將此軟體用於正式環境,若非得使用,官方雖有建議調整部份設定值,以提高安全性,但又提醒你,這只能稍微增加一點點安全性而已(好直白的官方啊~哈),だから、Apacheの独立した研究をインストールする手、MariaDB、PHPとphpMyAdminの。

次のように各キットのインストールプロセスがあります:

【MariaDB】

  • 下載msi(x64),直接安裝
  • 設root密碼
  • 取消勾選「rootのリモートマシンからのアクセスを有効にします’ ユーザー,リスクを軽減するために、
  • デフォルトのサーバの文字セットと勾使用UTF8

 

【アパッチ】

  • Apacheのハウスにzipファイルをダウンロード(x64)
  • 減圧,readme_first.html説明を見てください
  • 目的の場所Apache24にディレクトリをコピーします。
  • オープンのhttpd.conf,SRVROOT設定パスを定義,そのようなDとして:\ウェブ Apache24
  • 実行httpd.exe,ローカルホストへのブラウザに,正しいかどうかを確認するには
  • CMD入力”httpd.exe -kインストール”,Apacheはサービスに設定します(-Kアンインストール削除します)

 

【PHP】

  • zipファイルをダウンロード(x64のスレッドセーフ, IISを使用すると言って非スレッドセーフあり)
  • 減圧,目的の場所にディレクトリをコピー,変更php.iniの生産のphp.ini
  • Apacheのhttpd.confのを開きます。,次の内容を追加します。
  • #指定php.ini存放的資料夾位置
    PHPIniDir "D:\Web\php-7.1.5"
    #載入php的模組
    LoadModule php7_module "D:\Web\php-7.1.5\php7apache2_4.dll"
    #指定附檔名是 .php .php3 .phtml .inc 的程式都為 php 程式
    AddType application/x-httpd-php .php .php3 .phtml .inc
    #指定附檔名是 .phps 時,把內容視為 hightlight 的原始碼輸出到網頁
    AddType application/x-httpd-php-source .phps .phpsource

  • Apacheのhttpd.conf内,DirectoryIndexを探します,index.phpの増加の後ろ
  • index.phpファイルを追加します。,Dを入れて:\ウェブ Apache24 htdocsに,次の:

  • index.phpのを開くには、ブラウザ,情報を確認してPHPを見ることができます
  • Apacheのhttpd.confの中にあるオプションの索引はFollowSymLinks,削除されたインデックス,されたカタログの回避を閲覧

 

【phpMyAdminに】

  • zipファイルをダウンロード,減圧,Apache24にコピー htdocsに
  • オープンPHPのphp.iniの
  • 拿掉#extension_dir = “ext”的#註解,”ext”変更”D:\Web\php-7.1.5\ext”
  • 拿掉#extension=php_mbstring.dll的#註解
  • 拿掉#extension=php_mysqli.dll的#註解

 –2019/01/05 更新

  • config.sample.inc.phpはconfig.inc.phpファイルに社名変更しました
  • オープンconfig.inc.phpを,上げる $CFG[「blowfish_secret」],後に単一引用符を記入 32 桁のパスワード,十分に生成するパスワード生成器を見つけることが直接。
  • 行を追加します。 $CFG[「PmaNoRelation_DisableWarning」] =「真」;,phpMyAdminのうちのエラーメッセージを避けます,確立テーブルを呼びかけ。

 

[リンク]

コメントを残す

注意してください: コメントモデレーションが有効になって、あなたのコメントを遅らせる可能性があります. コメントを再送信する必要はありません.