Fortigate FG-110C 更新韌體失敗後,重刷韌體

fortinet  拿到一台故障的Fortigate FG-110C,裡面韌體本來是第4版,在更新第5版的韌體時失敗,導致變磚,在櫃子翻到Console線,就照網路的教學試著重刷韌體,運氣還不錯,最後有成功救回來,以下はレコードです:

検出問題:

  • 找到RS-232 to RJ-45的傳輸線接上電腦com port跟FG-110C的console port,スーパーターミナルセットアップ9600bpsに-8ビット-なし-1-なし。
  • 重開機FG-110C後,確認終端機有收到訊息,載入系統到一半後就死當,ノーショー参加メッセージ。

展開環境:

  • 先在PC裝好TFTP Server,我是用3com的3CDaemon,第一次執行時會跳防火牆訊息,ロックを解除することを忘れないでください。
  • 執行3CDaemon即啟動TFTP,點選「Configure TFTP Server」,將「Upload/Download directory」指定到韌體所在目錄後,按確定即可。
  • 新しく指定したディレクトリにファームウェアをコピーします。。
  • 192.168.1.XにコンピュータのIPセット。

ファームウェアの更新手順:

  • 重開機FG-110C,「設定メニューを表示するには、いずれかのキーを押してください..」を押して任意のキーは、時​​刻設定モードに入ります。
  • G、F、I、Q、H他の5つの操作,這邊我們會用到的是F跟G,それは、元のファームウェアを離れてクリアし、TFTPファームウェアを入手従っています。
  • 先輸入F(Format boot device.),等待3~5分鐘後,オプションは、次の何をすべきかをお聞きしてジャンプします。
  • 輸入G(Get firmware image from TFTP server.),接著要會跳出一個訊息要你把網路線接上特定的port,コンピュータに接続されたネットワーク説明に従ってFG-110Cケーブル。ここで注意すべき,網路上有的文章是指要接到Ethernet port 1,但我的是顯示要接到Wan 1,だから、機器に応じて、メッセージの最後を参照してくださいするには。
  • 接著輸入TFTP Server address,コンピュータの前にそれを設定します192.168.1.X。
  • 輸入完整的firmware檔名,ファイルの拡張子が含まれています。
  • 指定FG-110C的ip,可以直接按Enter鍵,預設值可能會是192.168.1.188,這邊要跟PC的IP不同,しかし、同じネットワークセグメントへ。
  • 更新完韌體後,會出現「保存せずにデフォルトのファームウェア/バックアップファームウェア/ファイル名を指定して実行]の画像として保存します?(D / B / R)",輸入D。

デバイスは、自分自身を再起動します,ファームウェアの更新アクションを完了するには。

ページの管理に問題が発生した後にpingを実行することなく表示することができません,テストは後でIE Firefoxでのバージョンが古すぎる手であることが判明,通常の更新後。

 

[リンク]

コメントを残す

注意してください: コメントモデレーションが有効になって、あなたのコメントを遅らせる可能性があります. コメントを再送信する必要はありません.